防音・防振・断熱・床張り施工【COMFORT SPEC】

slide4
slide1
slide2
slide3

neo silent

ハイエースの走行時や雨天時のノイズが
気になった事はありませんか?

いくら高級なオーディオやスピーカーを使っていても、 ノイズが車内に入ってしまったら、その力を発揮することは出来ません。
また、トランポやキャンピングユーザーが長距離の移動中や 車中泊をする際も外部からのノイズが減少する為、 運転による疲労の低減や安眠が出来るのではないでしょうか。 制振や吸音・遮音シート、防音塗装を部位に合わせて使い分け 十分な効果を得られるようにセッティングしました。 Neo Silentの完成です。

PHASE 1
neo silent
neo silent
neo silent

面積の大きい、ルーフ、サイドパネルに防音・防振・吸音材をセットしたPhase Ⅰ です。
基本施工になります。

標準ボディ/ハイルーフ
スーパーGL
¥85,000(税別)
DX
¥75,000(税別)
ワイドミドルルーフ
スーパーGL・ワゴンGL
¥88,000(税別)
ワゴンDX
¥78,000(税別)
スーパーロングハイルーフ
グランドキャビン/コミューターGL
¥91,000(税別)
キャンパーペース(特装車)/ DX
¥81,000(税別)
PHASE 2
neo silent
neo silent
neo silent

主に運転席・助手席着座時に効果を感じるPhase Ⅱ。
フロントスピーカー裏には音質を向上させるディフュージョンも施工しています。

各ボディ共通
¥45,000(税別)
PHASE 3
neo silent
neo silent
neo silent
neo silent

走行時に絶大な効果を発揮するPhase Ⅲ。
タイヤハウスとフロアパネルからのノイズを減少させます。

各ボディ共通
¥50,000(税別)

layer of air

過酷な環境の中で使われる事の多いハイエース。 車内の環境も時間や 季節によって大きく変わります。キャンピングカーはもちろんの事、 最近ではトランスポーターにもベッドキットが標準で装備される方が多く、 車中泊される方も大変多くなってきました。しかし、ハイエースのボディーは 熱を受ける面積がとても多く外気の変化にとても敏感な車両です。 S-GLやグランドキャビンなどのトリム付き車両でも断熱処理はほとんど されておらず、とてもいい環境とは言えません。そこで環境にやさしい 断熱・吸音素材を使ってハイエースに空気『Air』の層『Layer』を作り、 夏は涼しく冬は暖かく過ごすための加工を施してみました。 それが、『Layer of Air』です。

施行イメージ
layer of air
neo silent

最も熱を受けやすいルーフに、丁寧に断熱材をはめていきます。なるべく隙間の出来ないように施工します。

layer of air

次に、サイドパネル内に断熱材をはめ込みます。場所により、厚みの異なる断熱材を使用し効果を高めます。
neo silent

運転中に気になるエンジンルームからの熱を和らげる新商品、『ヒートインシュレーションマット』を採用。快適なドライブを約束します。
特徴
対候性
この素材は紫外線に強く長期にわたり使用しても、ほとんどへたりを生じる事はありません。その為、施工後は長い間効果を持続させることが可能です。
耐熱性
約120℃までの高温に耐える事が出来ます。 
他のプラスチック系断熱材にない特質を持っています。
吸音性
多孔質構造により、繊維の間の空気が音の伝導をしっかりと
吸収するので、高い吸音性を実現しました。
耐水性
ポリエステルは水に強く、優れた放水性と放湿性を持っています。 
車という常に結露の多い環境には大変適しています。
PRICE

price

標準ボディ
DX
¥68,000(税別)
スーパーGL
¥78,000(税別)
ワイドボディ
ワゴンDX
¥73,000(税別)
S-GL
¥81,000(税別)
ワゴンGL
¥86,000(税別)
スーパーロング
DX-キャンパーベース
¥74,000(税別)
コミューターDX
¥79,000(税別)
コミューターGL-グランドキャビン
¥89,000(税別)

flat floor

ハイエースの内装のカスタマイズの基礎となるのが 『Flat Floor(床張り加工)』。
床を平らにすることで、その上に ベッドキットやシートを設置しても安定します。
この床の役割は多岐にわたり、 防音性や断熱性、床面積の拡大(ステップオーバー加工)、 手入れのしやすさなどがあります。

施行イメージ
flat floor

床柄は、
数百種類の中から
お選び頂けます。

床の柄は、数百種類以上。
面積の大きい床は、貼るもの
ひとつでイメージが大きく変わります。これを選ぶのも楽しみのひとつでしょう。貼りたい柄が決まったら、スタッフへお伝え下さい。

layer of air

スライドレールが必要なシートを取り付ける場合、床の中に埋めてしまいましょう。 工期のかかる作業ですが、仕上がりも綺麗です。

neo silent

ワゴン系の純正シートを取り付ける際に、穴あけ加工が必要となります。 穴の端をモールで処理する施工と、床材を切らずにシートを取り付ける方法と2通りあります。
PRICE

price

標準ボディ
S-GL・DX共に
¥118,000(税別)
ワイドボディ
S-GL
¥118,000(税別)
ワゴンDX
¥178,000(税別)
ワゴンGL
¥166,000(税別)
スーパーロング
DX
¥148,000(税別)
グランドキャビン
¥208,000(税別)
コミューターDX・GL
¥232,000(税別)

comfort spec

防音・防振・断熱・床張り施工済 完成車

ハイエースのウィークポイントである【外部からのノイズ】【車内の極端な温度変化】等、 乗用車と比べると必ず気になる部分です。ハイエースが200系にモデルチェンジしてから 商用車に初めて乗る方にとっては一番初めに気になるところではないでしょうか。 そういったユーザーからの声を形にしたのが『Comfort Spec.』です。
Neo Silent + Layer of Air + Flat Floor = Confort Spec. !
内装に手を加えた後からだとどうしても難しくなってしまう作業の為、 新車の状態からあらかじめ施工してしまうことにより作業効率も上がり、 車両値引きの代わりに施工することが可能となりました。
ご納車時から快適なハイエースライフを送ることが出来ます!

neo silent

layer o air

flat floor

hiace image

例えば

neo silent ¥180,000 (税別)
layer of air ¥78,000 (税別)
flat floor ¥118,000 (税別)
合計 ¥376,000 (税別)

新車で入庫されたハイエースのまっさらな内装を外して、防音・防振材を施工し断熱材をまんべんなく貼り付けてからフロアを仕上げていく。 一見単純な作業ですが、時間と贅沢な素材を惜しみなく使い、ハイエースに足りないものを補っていく。
出来上がったハイエースを見ても、フロア以外は見た目でわかる部分はありません。 しかし、ハイエースに乗り込んだ時に『ドアの閉まる音』でハイレベルなデッドニング施工を感じ、真夏の炎天下の中、ハイエースに乗り込んだ瞬間のノーマルでは感じる事の出来ない『断熱感』に驚き、雨天時の走行中に『雨音の静けさ』と走行中の『ロードノイズ』の小ささに施工した喜びを、床の『防水性や積載能力アップ』は、さらなるトランポやキャンピングカーへと進化する車両だと言う事を感じずにはいられません。

2009年に誕生した【Comfort Spec.】も、2013年までの約4年間で300台を超える販売をさせて頂きました。これからも快適を追求し、Comfort Spec.をはじめとする様々なパッケージやアイデアを発信して参ります。

Carlife Creative Factory (C.C.F.) 一同

商品の品質向上のため予告なく内容を変更する場合がございます。予めご了承下さい。

COMFORT Spec.になると、各パッケージの内容から若干変更がございます。
使用マテリアルの変更等ございますので、気になる方はスタッフにお問い合わせ下さい。 施工車輛には専用ステッカー2枚をお渡ししております。

お問い合わせ
webカタログはこちら
Copyright (C) 2015 - Carlife Auto Custom カーライフオートカスタム All Rights Reserved.
Translate »